ペットショップに転職してみた。。

知識ゼロ経験ゼロからのチャレンジ

ペット保険の必要性について

今日はお客様から相談される内容で比較的に多い、ペット保険のお話しです。

 

先に結論から書くと、個人的には必要ないと思っています。

 

それでは順を追って説明したいと思います。

ワンちゃん、ネコちゃんを飼育されて過去に動物病院の治療費が大変だった方もいらっしゃると思います。種類によってなりやすい病気もあり、治療や手術で100万円かかってしまうようなケースもあります。

 

大変ですよね?高額な場合、急にまとまった金額を準備しないといけません。生活にも負担がかかります。

 

問題はそこで迷わずに払える経済力があるかです。

 

動物病院に連れて行って『治療に100万円かかります』と言われて払えるか不安になる方はペット保険をすぐに検討して下さい。飼い主の方なら家族の命を救うために必ず無理をしてしまいます。愛する家族の危機にお金を出さない方はいないと思います。過去に対応したお客様で毎月8万円くらい払っていたと聞いたこともあります。大変だったけど亡くなるまで払い続けたそうです。

 

ただ、高額な医療費が必要になる可能性があることを理解して、十分な貯蓄があり必要なときに迷わず支払える場合はペット保険はいらないと思います。もしもの時の備えなので、リスクを理解して準備をしていれば問題ないはずです。

 

やっぱり不安だと感じる方は資料請求をして、ペット保険を検討しましょう。

 

様々なペット保険があり、選ぶのも大変で保証内容や保険料もバラバラです。月額数百円のものから五千円以上のものまで、かなり幅が広いです。さらに保証内容も70%とか、手術は年2回まで、上限金額30万円まで、この病気は対象外です、みたいな感じで細かく目を通していないと使うときに困ります。実際に必要になったときに保証されないと意味がないです。安いと保証内容が少ないし、しっかりした保証を選ぶと高額な保険料になってます。

 

また、70%保証だと自分は30%負担することになります。保険料を払って、さらに30%は自己負担だとなんか損が大きいですよね。

 

しかも、契約の更新を断られる場合もあります。この病気を治療中の場合は継続できない、みたいな。

 

利益は出るような仕組みになっているので客側が得する事はほとんどないです。

 

あとは保険会社の利益のことをわかった上で自身の経済力で考えてみて下さい。

 

ペットが一生で必要になる医療費を考えて自分にはどんな保障が必要かをしっかり考えて欲しいです。

 

ネットで検索するとすぐにいろいろな情報が入ってきます。中にはこんなにかかるんだよー、みたいに煽ってくるものもあります。手厚い補償にみえても実は穴だらけみたいなことも。ちゃんと調べておかないと余計な費用がかかります。

 

しっかり考えて、いらなければ加入する必要はないです。迎える前や迎えてすぐに一度ゆっくり考えてみましょう。

 

このブログをわざわざ読んで下さっている方はペットのことに興味があり、ペットを大切に考えている優しい方だと思うので、家族の万が一に備えて責任を持って幸せにしてあげて下さい。

 

最後に

f:id:hiiragi1221:20190406234241j:image

予防接種を怖がる高橋さんです。

 

読んで頂きありがとうございます☆

 

癒しが必要な方へ

写真を撮るときは皆んないろんな表情をしてくれます。

楽しそうな仔だったり、怖がってしまう仔、興味なさそうな仔。

様々で面白いです。

たまには写真をメインでやっていきます。

 

f:id:hiiragi1221:20190226223739j:image

トイプードル


f:id:hiiragi1221:20190226223730j:image

ポメラニアン


f:id:hiiragi1221:20190226223722j:image

ノルウェージャンフォレストキャット


f:id:hiiragi1221:20190226223743j:image

トイプードル


f:id:hiiragi1221:20190226223716j:image

柴犬


f:id:hiiragi1221:20190226223735j:image

ロングコートチワワ


f:id:hiiragi1221:20190226223726j:image

マルチーズ✖︎トイプードル


f:id:hiiragi1221:20190226223747j:image

キャバリアキングチャールズスパニエル

 

どの仔もすごくかわいいです。

また、時間があれば撮影してみます。

 

読んで頂きありがとうございます☆

売らない接客

どうやったらペットの家族が決まるか日々考えています。最近の接客スタイルについて少し書いてみようと思います。

 

基本的に動物が苦手な方は来店されません。皆さん楽しそうに見て頂いています。そんな中でゴリゴリに接客しても引かれることが多いです。最初の声掛けを軽くして警戒心を持たれないことが重要です。

「かわいいですよねー」とか軽く話しかけてみて反応を見ます。だいたい気になってる方や触ってみたい方はリアクションしてくれるので自然な感じで接客が始まります。コツはたくさん声を掛けること。嫌がるお客様にしつこく話し掛けても購入意欲はほとんどないので時間のロスです。

 

次に触ってもらうことを意識して会話を進めます。抱っこしてもらうとかわいい、欲しいが強くなることと、ゆっくり時間を使って会話出来ます。

 

あとはこの仔のいいところ、かわいいところを一緒懸命に話します。気に入って頂けたらいろいろ質問が飛んで来るので丁寧に説明します。

 

あとは「是非、ご検討下さい」で終了。

本当に欲しいと思って貰えたらご家族などに相談してお客様が結論を出してくれるはずです。

もちろん命を預かる訳ですから、しっかり考えてもらいたいという気持ちもあります。

お客様とペットのことを第一に考えて接客しているときっと気持ちは伝わると思います。

 

ちなみに今月の結果は10頭の家族が決まって、そのうち7頭は一度帰ってから相談して戻って来られました。あとはご家族揃ってご来店されてその場で決めて頂いたのと、以前見に来てから家族、友人を連れて来られたお客様でした。

 

個人の実績なので店舗全体ではもう少し多くなります。今月もいい家族に迎えてもらえてよかったです。これからも頑張ります。

 

f:id:hiiragi1221:20190226113544j:image

f:id:hiiragi1221:20190226113558j:image

 

読んで頂きありがとうございます☆

嬉しい決まり方

本日1頭ご家族が決まりました。

個人的にすごく嬉しい決まり方でした。

 


1年以上前にワンちゃんを迎えて下さったご家族がいらっしゃって何度かワンちゃんが大きくなった姿を見せに来て頂いていました。

ご夫婦ですごく可愛がって下さっていたので見かけた際にはいつも挨拶をしていたお客様です。

 


そのお客様とお知り合いのお客様で去年の末にワンちゃんをまたご家族として迎えて頂きました。お迎え頂いたときは知りませんでしたが、たまたまお店を覗きに来られた際に自分が対応したお客様同士の繋がりをお伺いしました。

それからも飼育についての相談を受けたり、お店に連れてきて頂いたりしていました。

 


本日は2組目のお客様がお知り合いの方を連れて見えられました。以前、お母様が来店されたときに豆柴を見て気に入られたようで付き添ってもらって話を聞いて頂きました。飼ったこともなく不安もありましたがお客様のサポートもあることとかなり熱心に勧めて頂いたようで金額の説明をしている段階で連れて帰りたいと仰っていました。

そのままクロージングもなく契約。隣で一緒に説明を聞いてくれたり、飼育についての不安も一緒に解決して頂きました。途中で1組目のご夫婦もいらして和やかな雰囲気でご契約となり、今回はお客様にご家族を見つけてもらった感じになりました。

 


また一緒に連れてきます、と笑顔で帰られたので安心しました。きっと豆柴ちゃんも大切にしてもらえると思います。

 


お客様に勧めてもらえるととても嬉しいし、ありがたく思います。これからもお客様に信頼していただけるように頑張ろうと思います。

 


読みにくい文章でごめんなさい。

関係ない写真ですがお気に入りです!

f:id:hiiragi1221:20190222224141j:image

読んで頂きありがとうございます☆

犬を飼う前に

飼育経験がなかったり、昔は家にいたけど自分で飼うのは初めてというお客様も多くいらっしゃいます。今まで飼わなかった理由は様々ですが、知識がなく不安がある方がほとんどです。

今回は犬を飼う前に知っておいて欲しいことをまとめていきます。

 

 

 

まずは寿命です。犬種にもよりますが小型犬は10年から15年くらい、大型犬は比較的に短く10年いかないくらいの犬種も多いです。お客様に聞い話ですが、20歳まで生きてくれたと仰っていて、このくらいは長生きできるようです。

命を預かるので責任を持って飼育しないといけません。旅行や仕事で家に帰れない、自身が入院してしまうなど自分自身でお世話ができなくなったときに代わりにお世話ができる人はいるかをしっかり考えて必ずみてもらえるか確認をとりましょう。自分で責任を持って一生面倒を見ると仰る方もいますが、まず無理です。何かあったときに頼れる人を必ず探しておきましょう。ただ、ペットシッターペットホテルなどもあるので、日頃から利用してワンちゃんを慣れさせておくのもいいと思います。緊急時に預けられるともしもの時も安心できます。飼い主と離れることはワンちゃんにとってすごくストレスになるので、ワンちゃんを預けて1週間くらい旅行に行く、とかは難しくなると思って下さい。

 


次に飼育費用についてです。

最初にペットショップでワンちゃんを迎えるときに初期費用としてケージ、トイレトレー、ペットシーツ、給水器など必要なものもたくさんあり生体の代金以外にもかかってきます。その後もご飯代のほかにワクチンなどの予防費用や健康診断など動物病院にかかる費用、病気や怪我などの治療費も考慮しておかなければなりません。人間と違い、医療費が高い為、ペット保険に入っておかないと負担も大きくなります。金銭面で余裕がない方は万が一に備えてペット保険に入ることをお勧めします。

あとは光熱費やペットサロンです。夏や冬は温度管理も重要になるのでお留守番のときにエアコンをつけてあげたり、ヒーターを用意したりと電気代が少し上がります。また、カットやシャンプーなどのお手入れも定期的に必要になるのでペットサロンを利用する金額も考えておきましょう。お手入れの仕方を勉強して自分で出来るようになると、ここの金額は気にしなくてもいいので節約したい方はチャレンジしてみてもいいと思います。

 


さらに躾の部分も勉強が必要です。

お座りやお手などの芸の部分は出来たら教えてあげるくらいの気持ちでも問題ありませんが、吠え癖や噛み癖、トイレの躾など一緒に生活する上で必要なことはしっかりと教えてあげなければいけません。特に大型犬は人に危害を加えないように十分な躾をしておかないと一緒に生活できなくなってしまいます。ドッグスクールなどを利用してプロに指導してもらうことと自身で躾に関する知識を身につけるような努力も必要です。

 


住環境も整えましょう。室内で飼う場合はワンちゃんが異物を飲み込んだり、家具をかじってしまったりと様々な危険もあるので事故を防ぐためにワンちゃんが遊んで危ないものは届かないところに移動しましょう。また、フローリングなど床が滑りやすいとワンちゃんの足に負担がかかって関節を痛めたり、ぶつかって怪我をしてしまうのでマットやカーペットを準備したり柵を設置して入れないように制限するといった工夫も必要になります。集合住宅や戸建てでも隣との距離が近い場合は騒音にも気を付けましょう。大型犬などを外で飼うときは近所の方とのコミュニケーションもしっかりととっていないと後の苦情にも繋がるのでお付き合いも大切です。

 


最後に時間です。お世話もそうですが、ワンちゃんと遊ぶ時間も十分にとってあげて下さい。お留守番が長かったり、遊んでもらう時間や散歩の時間が少ないとストレスになってしまいます。家族の一員としてコミュニケーションは十分すぎるほど取ってあげたいところです。

 


これから一緒に長い間生活を共にするパートナーになるので必要な知識は身につけた上で全力で幸せにしてあげましょう。きっとワンちゃんも愛情をしっかり返してくれるはずです。

 


最後に

f:id:hiiragi1221:20190219180256j:image

 

 

読んで頂きありがとうございます☆

一度ブログを辞めた理由

中途半端なところで辞めてしまって申し訳ないと

 

思っていました。

 

ブログを書くことが嫌になるほど仕事のことを

 

忘れたいと逃げていました。

 

 

 

接客のやり方を何度も見直して

 

どうやったら数字が出せるか考えていたころのことです。

 

上司からのプレッシャーも凄くて、今考えると

 

パワハラってこういうことなんだ、と冷静に思います。

 

その頃の上司はもういません。同じくらいの時期に

 

入社したスタッフもかなりの人数が辞めてしまいました。

 

販売する仕事とペットショップのイメージに差がありすぎて

 

アルバイトて入ってきた若いスタッフは大抵半年もいません。

 

売れないから怒られて接客するのも嫌になって辞めていきます。

 

僕が入った時に同じ店舗で働いていた人は

 

あと、1人しか残ってません。

 

最近はスポーツ界のパワハラの件もあり、

 

社内でも対策された為、そこまで退職者も

 

出ていません。

 

働きやすくなったのは事実です。

 

とは言っても数字で結果が出てないと

 

指導が入ることに変わりはありません。

 

営業や販売の仕事では特に不思議でもないかと

 

思います。

 

以前はもっとブラックな会社もたくさんあったと思います。

 

 

 

 

ただ、問題は無理やり売りすぎてクレーム が

 

出ていたことでした。

 

簡単に言うと衝動買いをさせる感じです。

 

勢いで盛り上げて売る。

 

特に若い世代の方が多かった。

 

どうしてもそこの部分が引っ掛かり、

 

徐々に売れなくなってしまいました。

 

そんな時に自分が対応したお客様からの

 

クレームがありました。

 

キャンセルしたいと仰ってました。

 

自分では丁寧に対応したつもりでしたが

 

連れて帰った後に後悔したようで

 

家族に相談してワンちゃんを返したいと言われました。

 

ショックでそれからは接客が怖くなりました。

 

ワンちゃんが可愛そうなのもありますが

 

お客様も犬を飼うことが嫌になるかもしれないと

 

思うとすごく悲しい気持ちになりました。

 

ブログを辞めたのも、そんな精神的に不安定な頃でした。

 

しばらくして店舗の移動があり、現在に至ります。

 

 

 

 

今はすごく楽しく仕事ができています。

 

接客自体も楽しく出来ていて、店舗のチームワークも

 

かなり安定しています。

 

ここ一年で辞めたスタッフもなく営業利益も安定しています。

 

変なプレッシャーも無いです。

 

理由としては皆んな生き物に愛情を持って

 

接していることと、

 

お客様からの信頼もあり、コミュニティとしての

 

ペットショップが出来ているからだと思います。

 

僕が移動になる前から既にあった雰囲気で

 

お客様から自然に話しかけてくれます。

 

ワンちゃんを連れて遊びに来てくれたり、

 

接客をしていても仲の良いお客様が自然に勧めてくれたり、

 

ペットを好きな方が情報共有する場所にも

 

なっています。

 

一番助かっているのがお客様が親戚や友人に

 

勧めて下さることです。

 

おかげで無理に売ろうとしなくても

 

迎えたいと思って来店して頂く機会が多く

 

接客にも時間がかかりません。

 

「知り合いにここのペットショップにかわいい

 

○○がいたって聞いて見に来ました」

 

こういうお客様が本当に多いです。

 

あとは見積もりを渡してご家族で検討して下さい、と

 

一度ゆっくり考えてもらうだけです。

 

戻って来られる時は家族揃って嬉しそうに

 

いらっしゃるので特に気も使わず対応しています。

 

 

これからもペットとお客様が

 

幸せに暮らせるようにアフターフォローも含めて

 

全力で対応していきます!!

 

 

ちょっと暗い感じになったので

f:id:hiiragi1221:20190217165751j:image
f:id:hiiragi1221:20190217165755j:image
f:id:hiiragi1221:20190217165746j:image

 

読んで頂きありがとうございます☆

『販売までの流れ』〜⑥クロージング〜

営業や販売の仕事をしたことがある方は

 

聞き慣れた言葉だと思います。

 

クロージングとは「閉じる」とか「締めくくる」という意味で

 

ビジネスではお客様と契約を結ぶことを意味します。

 

お客様に決断してもらうまでの流れです。

 

 

 

 

 

ペットショップでは他の商品やサービスと違う

 

クロージングになっていると思います。

 

命をお客様に託す訳ですから

 

「この仔を一生大事にしてあげてください!」

 

という気持ちが乗ります。

 

正直なところ、売れればいいとか、

 

利益の為にとはなかなか思えません。

 

上司や社長から見ると「ちゃんと利益あげろ!」

 

みたいになるとは思いますが関係ありません。

 

何も知らずに店舗に来た仔たちをお世話していると

 

だんだん懐いてきて、思い出も出来て

 

自然といい家族見つけてあげるからね!って思います。

 

ペットショップで働いていてこの気持ちが理解できない方は

 

仕事辞めた方がいいです。

 

命に値段をつけて売っているペットショップのことを

 

よく思われない方も沢山いると思います。

 

ただ、本当にペットを必要とされているご家族も

 

たくさんいらっしゃることも事実です。

 

全ての命を幸せに出来ている自身はありませんが

 

1人でも多くの仔に幸せになって欲しい、

 

迎えるご家族の方にも幸せになって欲しいと思い

 

日々頑張っています。

 

 

 

 

 

なんか、タイトルから逸れましたがこんな気持ちで

 

接客しています。

 

なんでその金額で売っているのかは、またの機会に

 

書こうと思います。

 

 

 

 

さて、本題に戻ります。

 

ペットショップに転職する前も営業の仕事に携わっていました。

 

そのころは即決重視で売り上げ、粗利にこだわって

 

仕事をしていました。

 

もちろん成績が良ければたくさん給料もらえますから。

 

今のペットショップでも最初の方は

 

即決で契約になると嬉しかったです。

 

上からのプレッシャーもあるので、ほっとしてました。

 

ただ、2年近く働いた今では即決は少し不安になります。

 

やはり違いは「命がある」ということです。

 

現在のクロージングの流れを説明します。

 

⑤で不安要素は取り除きました。

 

出来てなかったら急がず戻って丁寧に対応しましょう。

 

ここではお客様に『この仔を家族にする』ことを

 

覚悟してもらいます。

 

ワンちゃんだと、これから先、10年から15年、

 

あるいはもっと長い時間を共に過ごします。

 

楽しいことだけではなく、大変なこと、辛いこともあります。

 

即決って怖くないですか?

 

自分の子どもが生まれるのと一緒ですよ?

 

ちゃんと考えたの?って思ってしまいます。

 

このご家族に連れて帰って欲しい!って思える

 

優しいお客様も来店なさるので決めて欲しいと

 

思うこともありますが、

 

少ししか話をしていないのに

 

連れて帰りそうなお客様には

 

ちょっと不安になります。

 

その為、一度考えてから戻って契約に来てもらうことを

 

重視してクロージングしています。

 

店頭にペットが出ている以上、いつ家族が決まって

 

店舗から居なくなってもおかしくありません。

 

「いつ決まってもおかしくないです」と一言添えて

 

検討して下さいと伝えます。

 

以上です。

 

それだけです。

 

「そんなんで売れるか!!」と聞こえてきそうですが、

 

実際にそうしていることが多いです。

 

クロージングになってません。

 

 

ただ、「あの仔を連れて帰ろうと思って来ました」って

 

嬉しそうな顔で迎えに来てもらえます。

 

電話で「あの仔まだ居ますか?」と問い合わせ頂いて

 

来店されることも多いです。

 

この接客に切り替えてから数字はかなり伸びました。

 

もう一つ言うと、クレームの件数が激減しました。

 

店舗で年間1件です。

 

その1件もワンちゃんが連れて帰ってすぐに

 

体調を崩したという内容で接客は問題ありませんでした。

 

年間で300頭以上はご家族にお迎え頂いて、この数字です。

 

個人じゃなく店舗での実績です。

 

ペットの魅力を一生懸命話して、

 

お客様が不安な部分は丁寧にアドバイスしています。

 

あとはお手入れや躾です。

 

お客様にしっかり見て触って確認してもらい

 

スタッフの愛情を感じて頂ければ

 

無理に決断を迫らなくても

 

家族で相談して戻って来てくれます。

 

コツはこのあたりです。

 

ここさえしっかり押さえていれば

 

クロージングはいりません。

 

多分で申し訳ないですが、

 

お客様はどこで買うかではなく

 

どんなお店のどんなスタッフから買うか、

 

ここを見られていると思います。

 

不安が多くてなかなか決められない方も

 

何度も見に来てくださって

 

最終的にはお迎えされます。

 

長い方だと1年近く経って迎えられました。

 

その間、何度も接客しています。

 

効率は悪いですがペットとご家族の為です。

 

そんな感じで接客していると、

 

知り合いの方に紹介してくださったり、

 

別居のご家族に勧めてくださったりと

 

小さなコミュニティみたいなものができてきて

 

契約の件数も増えました。

 

迎えてもらった仔たちが大きくなって

 

お店に遊びに来たときは本当に嬉しいですよ。

 

 

 

長くなりましたがクロージングについては

 

このくらいにしておきます。

 

参考にならないかもしれません。

 

ペット業界全体ではあんまりいいイメージはありませんが

 

現場で働いてるスタッフの中には

 

目の前の命を大切にしている人間もいることを

 

少しでも感じて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

最後に

f:id:hiiragi1221:20190216234912j:image

遊んで欲しくて拗ねてる高橋さんです。

 

 

読んで頂きありがとうございます☆